2016年5月18日水曜日

5月15日号

小山まちなか
交流マガジン
平成28年5月15日号
★  ★  ★
通巻第37
配信数154
★  ★  ★
こんにちは!
すっかり天候もあたたかくなり、衣替えの季節ですね。皆さんゴールデンウィークはどう過ごされましたか?あっという間に長い休みが終わり、5月病になっていませんか?センターでは、おしゃべり処おやま~るなど気軽に参加していただけるものや、助成金ワークショップなど一緒に未来をつくる企画などを用意していますので、ぜひお越しください!
そうそう、きょうは利用者協議会の第1回がありました。9団体を代表して5名の方の参加がありました。少人数でしたが今年度の当センターの計画に伴う協議会の活動概要や規約づくりに際しての方向性の確認などを行ないました。くわしくは次号以降にご案内します。
★  ★  ★
今回のご案内は次の6つです。
▼募集)情報誌「ゆいま~る」6月号の掲載記事募集(締切は18日(水))
▼助成金)毎週開催!「助成金申請書を書こう!ワークショップ」
▼助成金)ファイザープログラム(~6月 17日(金)(当日必着))
▼ボラ募集)清掃ボランティア(締切7月1日)
▼講座)平成28年度・おやま市民大学(締切は20日(金))
▼講演)小澤俊夫氏講演会「白雪姫は三度生き返った」(6月5日(日))


■募集)情報誌「ゆいま~る」6月号の掲載記事募集(締切5月18日(水))
皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。掲載希望の方は5月18日(水)までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に紙面に掲載させていただきます。(催事案内の場合は6月中旬から7月にかけての告知となる様にご注意下さい)
よろしくお願いします。


▼助成金)毎週開催しています「助成金申請書を書こう!ワークショップ」
毎週火曜日に開催しています助成金獲得(ファンドレイズ)ワークショップですが、それぞれ少人数でじっくり助成金に関するワークシートを書いたり事業の事を深めて行ったりする事を、魅力として捉えていただけてます。
今後も継続して開催いたしますが、次回5月17日(火)の夜で、題材は生命保険協会の「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」です。


■助成金)ファイザープログラム(6月6日(月)~ 17日(金)(当日必着))
このプログラムは、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体による、「健やかなコミュニティ」づくりへの試みを支援することを目的としています。
「中堅世代」の「ヘルスケア」に関する「コミュニティ」をベースとした市民活動や市民研究がより一層深められ、その成果が社会に共有されるよう、今年も全国からのご応募をお待ちしています。
当センターの助成金ワークショップでも、6月7日(火)に取り上げますので、そちらでみんなで作成するのでも、きっと楽しいと思います。


■ボラ募集)清掃ボランティア(締切7月1日)
内容は、「おやまサマーフェスティバル2016~第65回小山の花火~」の翌日の清掃活動になります。集合が午前6時と早めですが、参加してくださる方は、商業観光課までお問合せください。


■講座)平成28年度 おやま市民大学(締切5月20日(金))
子ども達や観光客の皆さんにおやまの魅力を伝える”トコロジスト”(場所の専門家)になりませんか?本年度は、「渡良瀬遊水地」と「中世小山氏城跡」の専門家を養成するコースを設定します。


■講演)小澤俊夫氏講演会「白雪姫は三度生き返った」(6月5日(日))
昔話は本当に残酷だろうか?そもそも、昔話は何を語っているのだろう?長い間語り伝えられてきた昔話の中に込められたメッセージとは?
小澤昔話研究所所長、筑波大学名誉教授などを務める、おざわとしお様にお話していただきます。興味のある方はぜひ!


次回の記事でも、イベント情報などをお届けします。

最後までご覧いただきありがとうございました。
ご意見・ご感想をぜひお寄せ下さい。お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿